FC2ブログ

ふきのとう

魚沼のたか飽き君からの春便り
(タカで紹介します)

連休
友達と釣りに出かけての釣果だそうです

またまた素晴らしい魚たち

綺麗な山女魚のパーマーク
岩魚の鮮やかなオレンジ
横川も源流や支流に入れば天然の綺麗な魚たちと出会えますが


さすが魚沼この魚を見ると川も水も清く清んでいることや
その景色を思わず想像してしまいます

IMG_85230166934227_convert_20140325172749.jpeg IMG_85248946994042_convert_20140325172508.jpeg

そして
初物ふきのとう

この辺りではまだお目にかかれません

日当たりのよい雪の解けた場所を探せば少しは採れるかな


ふきのとうは春の雪解け前にもう雪の下で力強く育っている山菜です

山で小さな雪崩のような現象が起こり

そこをのぞいて見ると
ふきのとうの蕾がいくつも青々しく育っているのを見ることができます
春待たずして雪の下で。。。

IMG_85165251284812_convert_20140325172825.jpeg 
それにしても美味しそうなふきのとう

タカはこの山と川の恵みをどういただいたのか
生唾ものです笑


ふきのとうは
生育中の花茎だけにふきよりも栄養が豊富です
カロテンやビタミンB1カリウムなどのミネラル分食物繊維を比較的多く含みます

また苦み成分には冬の間に滞った新陳代謝を活発化させる働きがあり
香りが食欲を増進させ消化を助けます

旬の物を旬にいただける

うらやましい贅沢ですね



















 
スポンサーサイト



福寿草

春の訪れを知らせる出来事が

福寿草が咲きはじめました

DSC_1040_convert_20140325173023.jpg 

写真は昨日撮ったものです

アッ
咲いていると母が見つけました

日当たりのよい土手に

裏庭にも咲きますが日当たりが悪くまだ雪が残っています
場所によって全然違います

この鮮やかな黄色い花は


まだ葉の芽吹かない雪解けの風景に美しく映えます





 

春の訪れ

 日に日に暖かくなり春の訪れを感じる

今日この頃

昨日は町に用を済ませに行ってきましたが
信じられない暖かさ・・・横川とはまるで違う温度差でした

当然のことですが。。。

そして今日は店のオープンにむけて準備を

今年の大雪で積もりに積もった駐車場の雪もだ~いぶ溶けました

親父と二人
重機を使っての雪溶かし作戦です

ただそのままにしておくよりも機械で崩したり広げたりetc
することにより驚くほど溶けるスピードが変化します



川の方が気になり駐車場から眺めてみると

DSC_1036_convert_20140325172934.jpg DSC_1037_convert_20140325173100.jpg

横川らしい清んだ清流が流れていました

ユキシロの濁りが出ているかと思いましたが濁りのない
清んだ水でした

すると!釣りのご常連様がご来店

当店名物唐子味噌をお買いについでに川の様子を見に来たそうでした
まだ寒く釣り人もいなかったよ!とのことでした

一日も早く釣り場の雪も溶け暖かくなって皆さん

よい釣りができると良いですね
 

男鹿川・解禁

いよいよ明日
男鹿川解禁となります

今日は一日雨模様

夜になっても降り続いております。。。
明日も雨かな~

せっかくの解禁がぁ・・・とはいうものの

私は釣りませんが当店ご常連の方々も数人来るとのこと
まだ川原には雪も多く残っており
五月ごろにならないと本格的に来ない方が多いですが
DSC_1010_convert_20140320171138.jpg

今日
雨の中

様子を見に集落横を流れる本流を覗いてみると
まだまだ
膝くらいはある残雪 
DSC_1011_convert_20140320171249.jpg
予想以上に溶けず残っていました

明日の釣りは
足元に十分気を付けて楽しんでもらいたいですね

 
続きを読む

ユキシロ・初物岩魚

  昨日からの雨
夜にはどしゃ降りの雨となり本格的な春の到来を実感しました

この雨で今年の豪雪で積もりに積もった雪も融けることと思います

そうなると
思うのがユキシロです

ユキシロと言っても何のことかわからないと思いますが

深山や奥山などに積もった雪が雨や気温の上昇によって融けて


支流である源流域から雪解け水として流出すことを
ユキシロと言います

ユキシロと言ってはいますが漢字ではどう書くのか?
よく解りません後で調べます


このユキシロ

油断できません

解禁、初春天気がよく穏やかに流れているな~
今日はいい釣りが出来そうだ
なんて油断していると
どんどん川が濁り増水してさっき渡れた場所が渡れなくなる
なんてこともあります

渡れないくらいで済めばよいのですが!
無理して渡ろうとして流されてしまったり帰れなくなったり

焦ってしまい事故に繋がることもあります

そのくらい短時間で川の様子が変わります
これから解禁シーズン
十分に気を付けて釣りを楽しんでください

そして一足先に解禁となった新潟の友人からの今年の初物画像が
届きました

iwana.jpeg IMG_2958742893232140_convert_20140313205450.jpeg

本当に綺麗な岩魚です


そして素晴らしい遊び場です

だ~いぶ年は離れていますが一時は苦楽を共にした職場の仲間


野遊び好き・自然と故郷を愛する仲間です


今後も彼(たか飽き)の撮る素晴らしい風景や遊びも紹介していきたいと
思います



 

春到来の雨???

今日は朝からパッとしない天気
今にも雨が降り出しそう

気温的に雪にはならないだろう・・・

と、用足しにお出掛け

夕方帰宅してみると置いてあった段ボールがあちらこちらに
風か

すると雨も強まり風もでてきましたと!思っていると中々の強風に
雨もドシャ降りに・・・屋根の音が激しく

この雨で積もった雪もだいぶ融けることでしょうスキー場には迷惑な
雨ですけど

2,3日前
店の駐車場に積もりに積もった雪に

唖然

もちろん降り積もった雪だけだはありません
除雪・雪下ろしをして行き場のなくなった雪でもあります

こうき 

私の身長ほど軽くあります
思わず・・・月山かな~んて独り言
でした
 

男鹿川解禁


5日は雨になるか?雪になるか?
微妙な天気でしたがこの辺りは雨となりました

3月とはゆえ
この辺りはまだまだ雪が降りますもちろん4月でも・・・

しかし雨となり午前中は風が強く木の葉のついていない木々が大きく揺れて
いました
知り合いが塩原のハンターマウンテンスキー場に
滑りに来ていたので心配でしたがスキー場は雪になったそうです
しかし重い雪強風に散々だったそうです

そして6日は雪
急な冷え込みに体の調子を崩しそうです

話は変わって
男鹿川の解禁も残すところ1ッヶ月をきりました
この雪の様子では解禁日も釣り場には相当残雪が残りそうです

3月になり気温も上がり雪解けも早いのですが
まだまだの残雪。。。

当店駐車場もだいぶ雪が融けましたが
まだまだの雪

fudoutaki.jpg 店ふどうたき

早く春が来ることを願います

自販機 

限界集落

今年の大雪には考えさせられました

だいぶ間が空いてしまいましたが・・・

今となれば先月のことです

二月の大雪には驚かされそして地元集落のお年寄り達は
大変不安な日々を過ごしていました


記録的豪雪です

ここ横川は過疎化で50%以上が65歳以上の限界集落と言われる
集落です

屋根に積もった雪や行き場のない除雪された雪に愕然としました

除雪3 

お年寄りからは戸が開かない
ミシミシと不快な音に家が潰れるのでは。。。?夜も眠れないと
不安の声

そして自治会長を先頭に動き出しました

自分の家も後回しで集まった地元有志(90%以上が高齢者)
ボランティア・地域行政の方々・地元駐在所の方までも
二日間にわたり総勢50数名一致団結

汗だくになりながらもくもくと雪下ろし・除雪する情景は
ありがたく感慨深いものがありました

おばさんたちが一生懸命造ってくれた炊き出しは
最高~に美味かった

助かった・安心して暮らせる・本当にありがたいと笑顔で
言っていただき

清々しい達成感

除雪1 屋根

しかし今回のことで改めて考えさせられました



今回の雪下ろしもそうですが大変な重労働です
そして危険を伴います

私も雪下ろし作業中
足を滑らせ3メートルの高さから地面に叩きつけられ
救急車で運ばれたばかりでした
頭の中が真っ白になり息もできず死ぬ思いでした

薬を飲み貼り薬をして安静にしていましたが・・・というより下手に体を動かすと
激痛が。。。

これがもしお年寄りだったらと思うと。。。大変なことに
致命傷となり後遺症も残るでしょう
場合によってはそのまま寝たきりに

現に私自信いまだに痛みが残り動作によっては痛みがはしります
まだまだ通院・治療中です



今回の場合は栃木県にかぎらず全国的に
そして山梨のような集落が孤立してしまうなどここ横川どころではない
災害や事故が起こった地域が多々ありました

これからの高齢化社会

大都市や人口の多い町はもちろんですが

横川のような小さな限界集落は見落とされがちです
同じ日光市でも今市や鬼怒川とは
降雪量が格段に違います豪雪地域と言っていいほど積もります

こういった地域の災害対策
地域・地域に見合った臨機応変な災害対策のシステム構築が必要なのでは
個人の力では限界があります


本当に改めて考えさせられた自然の驚異

5年後・10年後の限界集落