FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

鮎・旬・宴・人・縁

いよいよ‼鮎の季節ですね>゜)))彡

栃木県では那珂川など有名ですが>゜)))彡

当店方面では福島県の伊南川を目指すかたが多く
17日の解禁前日から多くの釣り師の御常連様たちにご来店いただきました。

行きに帰りにとご来店いただいたお客様もいらっしゃいました🎵

ありがたいことです(^^)

そして御常連でもありLINE友(笑)でもあるTAKEさんから連絡をいただき

鮎釣り情報をお願いすることに‼

釣りに集中しながらの写真などは以外に面倒なことは自分も十分承知していたのですが

Takeさん快く承知してくださいました🎵

やはり解禁初日はお祭り状態だったようです❗
鮎竿は約9メートルほどある長竿を使用するそうで釣り人の間隔はその分あけるのが暗黙のルール❗

あまりの人に
5メートル間隔で皆、釣りをしていたそうです(笑)

解禁初日!お祭りですね(笑)


他の鮎釣りのお客さんに話しを聞いてみると👂釣れた人・釣れない人と極端な差があったそうです⁉

やはりポイントによって差が出るのでしょうか⁉


解禁初日を無事終了したtakeさんはさっそく一夜干し造り>゜)))彡



山小屋にて仕込み開始



開いて内臓を取ります(takeさん、ちょっとグロいかな?と少し心配気味)

内臓は酒の肴❗ウルカを造ります🎵

開いた身は綺麗に洗って塩水へ



ここでtakeさん

数種類の塩を使い分け‼濃度もいくつか変える❗
付け時間も時間差で❗

そして干す



直射日光に当て干すかと思いきや‼
Takeさんいわく、直接当てず‼陰干しで風通しのよいところがいいんだよ❗

なるほど~






釣りもストイックですが調理にも工夫・試行錯誤・こだわりを感じます

その夜🌃山小屋にての宴に誘っていただきましたが(^^)

仕事・諸事情により参加できず(涙)(涙)

当店、社長は参加

初物、鮎>゜)))彡美味かったぞぉ~(^^)
楽しい宴になったようです🎵

参加したかった~💦

自分は渓流トラウト・海釣りを嗜む程度に楽しみますが(笑)鮎釣りの経験はなく❗

未知の世界

昔、鮎釣りのお客さんに鮎釣りは覚えないほうがいいよ!

なんて言われたことがあります
初めは意味が解りませんでした…

鮎釣りの醍醐味を知ると仕事をそっちのけで鮎釣りに向かってしまう❗

そんな魅力ある釣りのようです



平日の伊南川は解禁初日の賑やかさはなく
静かなようです祭りのあと、ですね



サマバケ中のtakeさんは数日間伊南川&鮎釣りを満喫

帰省前日

またまた!ご連絡をいただき‼用事を早めに済ませ山小屋へ

さすがにいつものメンバーHISAさんとNABEさんは帰宅🏠🚗💨

前回、来れなかったZAKIさんは
予定より早めの到着

囲炉裏を囲む



ここに座って飲むのは久しぶり

さっそく一夜干しの鮎を焼いていてくれました(涙)

座って座ってコウちゃん🎵



ZAKIさんが肴を取り分けてくださり乾杯🍻



囲炉裏には焼酎・酒・ビールが並ぶ



おきまりの釣り談義

芳ばしく焼き上げた伊南川鮎



食べ頃を見極めるTakeさん



まずは丸干し



そして開きの一夜干し

今年の初物を頭からいただく🎵

一つ一つ味付けの説明を聞きながら

確かにすべてに違いが❗❗

でも、ど!どれも美味(^^)

そして3人男飲み❗

こんなシチュエーションは初めて🔰

話しが弾む🎵と、言うより自分には勉強になる話しばかり❗

時折、釣り談義(笑)

本当にありがたいオジキのような方々


今回は一緒に飲めず帰ってしまった方々や体調不良で入院中の方もいますが

皆さんは自分や家族の体調のことまで心配して熱く話したり

何より自分みたいな者を気にかけてくれる❗

改めて「感謝」する一夜の宴でした(^^)




「囮りカンと引き船」画像のほとんどを提供していただきました❗Takeさん、ありがとうございます。

次回はオールメンバーで宴開催しましょう🎵



〆にTakeさんが造ってくれた🎵ペペロンチーノは鮎にも負けず劣らず最高でした😃⤴⤴

鮎の薫り&オリーブオイルの薫り(^^)



美味でした(^^)

お世話になりました(^^)

スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://fudoutaki.blog.fc2.com/tb.php/257-ebdf24f7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。