FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

Turikichi Factory ・餌箱編

いよいよ釣りシーズン到来🎣

これから男鹿川も釣り人で賑わいます🎵

当店も沢山の釣り師の方々にご来店いただきます(^^)

互いの情報交換や釣果情報・エピソード話しで盛り上がるのも楽しみの1つです(^^)

釣りをしていると自分の仕掛け・釣法・道具へのこだわりがでます(^^)

ブランドであったりグレードであったり人それぞれ研究・試行錯誤すると思いますが本当に少しの工夫や釣法・技術やアイデアによって釣果にも大差がでて楽しさ倍増です(^^)

その延長から釣具を自分で作れないか⁉

DIY・ハンドメイド自分仕様のオリジナルを作る釣り師も沢山いると思います。


自分は餌箱を製作したりロッド立てを作って自己満足しています(^^)

これも休漁期間の楽しみ方だと思いますが

そんなオフシーズンを利用しての餌箱製作をストイック釣り師takeさんより送っていただきました(^^)

ご紹介させていただきます。



孟宗竹を根元付近から切り約3年程❗陰干しをするそうです❗

①直ぐに使いたい場合は切った後に煮出して灰汁を抜き陰干しを半年以上します。


②長い竹をだいたいの長さに切ったもの

③切った竹をノミを使って外皮を削ります。

④だいたい7ミリ程度残しておきます荒削りした後にノミを彫刻刀のように使って厚さを均一にします。

⑤写真は2つだけ荒削りしたものです。

※ここまでの所要時間は1時間ちょっとです

ここまでで一旦終了。

何故かと言うと完全に乾燥しきれていればヒビが入らないのですが!万が一竹の中に水分を含んでいると割れてしまうためです❗

最初の切り出しで3年陰干しをするのはその為です❗

その後…





⑥餌箱の完成まではこの後に形状を整え手でヤスリ掛けをします。



⑦ここから塗装なのですが埃の舞う今よりも梅雨時期が良いので🐌しばらく🐌おやすみです

ちなみに違うタイプの物も製作してます。



丸の部分は竹・直線部分は板材を用いて隠し釘というか楊枝でつないだタイプの物

そして塗装

人工漆を用います。



そして餌箱の完成❗





す!素晴らしいぃぃです







綺麗な仕上がりですね~✴

※画像・説明文・提供takeさん



使用するのがもったいないような…仕上がりですね

takeさんありがとうございました(^.^)(-.-)(__)

Turikichi Factory

スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://fudoutaki.blog.fc2.com/tb.php/283-4e12baad
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。